漢詩 「己亥の歳」 曹 松2018/05/29

先日レジを操作する女性を見た

中国からの留学生のアルバイトであろうか

顔立ちが一見して日本人ではない


言葉がたどたどしくぎこちない


複雑に西方の血が混じりあった印象がある

思わず中国の歴史に思いを巡らせた

*******

択国の江山 戦図に入る

生民 何の計あってか樵蘇を楽しまん

君に憑(たの)む話すこと莫れ封候の事

一将功成って万骨枯る

********

(日本詩吟学院教本 漢詩より抜粋)

(訳)
水の豊かな川や山の地方が

戦域に入ってしまった

そこに棲む人々は

どのように樵や収穫の暮らしを

楽しめるのであろうか

功を競って諸侯に封ぜられん等と

口にしないでほしい

一人の大将が戦功をあげるには

多くの人間の犠牲があるのだから

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://shirubegaoka.asablo.jp/blog/2018/05/29/8861731/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。