今こそメタンハイドレートを国家戦略とすべし2018/07/03

日本は将来的に原子力発電に対する
エネルギー依存を最小化
すべきであろうことは誰しも思う事である。

積み上げてきた原子力発電技術を
無駄に捨てようという事ではない。

経済政策をも考慮してエネルギー依存形態を、
最も可能性が期待できる
メタンハイドレートにシフトさせようと
思うのである。

既存のエネルギー政策に関連する
産業界への影響も大きいが、
今やそれを覚悟で政策を転換すべきであろう、
日本全体の産業構造を塗り替える
インパクトがある。

それは明治維新に匹敵する日本国の
歴史的転換になるだろう。
来年は改元を迎える今、
本来の日本の姿を取り戻す絶好のチャンスだ。

いままでメタンハイドレートを支えてくれた
「独立総合研究所」と青山議員に
心よりお礼を申し上げたい。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://shirubegaoka.asablo.jp/blog/2018/07/03/8908445/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。